じっくりコトコトな話

お久しぶりです。

BASEの坂口です!

さて今日はストレッチの話をさせてもらおうかなと思います。

腰痛に効くとか四十肩予防に良い方法とかではなくてもっとこう根本的な話です。

前提としてスポーツや運動前ではなく日々の疲れをとる自己メンテナスとしてのストレッチの話になります。

よくされる質問で

『何秒伸ばせばいいですか?』

なんて聞かれるんですが結論としましては

伸びるまで。

です。

人の身体なので部位、筋肉量、硬さによって個人差があるんですよね。

なので一概に何秒とは言い難いのです。

もう一つ大事な要素がありまして『強さ』ですね。

例えば腰痛対策なんかで有名なこちらのストレッチ



人によって股関節や筋肉が硬かったりでここまで抱えられない方もいらっしゃいます。

そういう方にこの体勢は厳しかったりするので無理に見本と同じ姿勢にこだわる必要はありません。

強さの基準としましては『ゆるっと伸びている』ぐらいです。

はっきりでなく『ゆるっと』がポイントです。

慢性的な疲れ、痛みの原因は筋肉の深い部分が固まってしまっている場合が非常に多いんです。

なので強くストレッチをかけると表面部分しか伸びなくなってしまいます。

料理でも強火で焼くと表面は焼けるけど中までは火が入りませんよね?

それと同じでストレッチも深いところまで伸ばしたいのでじっくりコトコトして欲しいんです!!

伸ばす時間も

『ゆるっと伸びている』から『特に感じない』になるまでじっくり伸ばします。

伸ばすというより『伸びるのを待つ』感じですね。

これだけでセルフストレッチの効果は劇的に変わります。

体験したい!!

という方ぜひお問い合わせください!

今日もゆるっと頑張っていきましょう〜



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、前回の続きでございます。 あ、どうも中の人坂口です。 目のセルフケアなんですが目を温めるとか目の周りのツボ、太陽・晴明・攢竹とか有名ですよね。 皆さん、目って動かしてますか? 実は思ってる以上に動いてなかったりします。 例えばスマホ見る時なんかその画面の中しか見ませんからそんなに動かないんですよね。 PC見るのもテレビ見るのもそうなんです。 目を動かしてるのも筋肉ですから動かさないと硬くなる